ウイイレ 2021fp。 FIFA21とウイイレ2021を徹底比較|2020年秋はどちらを買うべき?

【ウイイレアプリ2021】3/1 今週の週間FP選手一覧!完全図鑑!

2021fp ウイイレ 2021fp ウイイレ 2021fp ウイイレ

また、 フィジカルコンタクト85と小柄なラインブレイカー選手としては身体の強さもあり、 ボディコントロールも97となります。 優れている能力値は、 スピード88・瞬発力86・フィジカルコンタクト85・スタミナ92・ドリブル85といったもので、俊足・身体の強さ・持久力・ドリブルテクニックなどはそこそこありますが、決して高いとは言えません。

3
「ワンタッチパス」と「スルーパス」といったパサータイプの選手には持っておいてほしいスキルはきちんと所持しています。

【ウイイレアプリ2021】ペテルボス詳細と戦術比較!

2021fp ウイイレ 2021fp ウイイレ 2021fp ウイイレ

またも事故連発で失点するんでしょうかね。 ただ、 スタミナ88とやや低いうえ、 コンディション安定度も「5」となっている点にだけは注意が必要です。 クリアリングも98だし文句なしって言いたけど、コン安5は微妙だなー。

8
ただやっぱりダウンが目立つ。 世界クラスの守備性能を誇るCB! この選手は、ガチスカでの起用も考えられる強力な 「ビルドアップ」の選手です。

【ウイイレアプリ2021】最強監督ランキングTOP10|ゲームエイト

2021fp ウイイレ 2021fp ウイイレ 2021fp ウイイレ

オフェンスセンス88、決定力88、キック力89と、残念ながら90には若干届かない値となっています。 最新の追加選手 総合値はレベルMAX時のものです。 また、 スピード85、瞬発力83と最低限の足の速さもあるCB選手と言えます。

7
MFなら、大復活中の ハメスは期待。

【ウイイレ2021】プレースタイル全21種(徹底解説)

2021fp ウイイレ 2021fp ウイイレ 2021fp ウイイレ

シュート系スキルでは 「ワンタッチシュート」と「アクロバティックシュート」の2つは所持しています。 守備ではもちろん、攻撃面でもチームに貢献してくれるような優秀な選手となっていますので、ぜひ一度使ってみてください!。 スキルでは 「マンマーク」は持っていますが、「インターセプト」がないので、スキル追加チケットで追加しておきたいところです。

9
まとめ 最後まで読んでいただきありがとうございます。

【ウイイレアプリ2021】ペテルボス詳細と戦術比較!

2021fp ウイイレ 2021fp ウイイレ 2021fp ウイイレ

オブラク クリアリング以外は99。 特に魅力的なのが、 オフェンスセンス87・決定力88・キック力95・スキル 「ミドルシュート」「コントロールカーブ」「ドロップシュート」持ちといった得点能力で、かなり強烈なミドルシュートを放つことができます。

8
また、 アグレッシブネスが90と非常に高く、 「インターセプト」と「チェイシング」といった2つの守備系スキルも所持しています。 (バルセロナはなくなったのかな?) 他は微妙かな。

FIFA21とウイイレ2021を徹底比較|2020年秋はどちらを買うべき?

2021fp ウイイレ 2021fp ウイイレ 2021fp ウイイレ

フーメーション適正:2トップ FWタイプなら2トップでラインブレイカーの相方として、MFタイプなら攻撃的なインサイドハーフとして起用するのがベストな選択です。 得点能力・ドリブル能力・パス能力・身体能力いずれも高水準で、幅広い活躍に期待がかかる選手となっています。

15
空中戦で競り勝てるだけでなく、セットプレー時には自身でゴールを奪うことも可能です。 フーメーション適正:どれでも CBならフォーメーションを選ばず3〜5バックどれでも適性を発揮します。

【ウイイレアプリ2021】ウイイレ選手ステータス比較ツール|ゲームエイト

2021fp ウイイレ 2021fp ウイイレ 2021fp ウイイレ

FW:いつもの人たちだらけ• ディフェンス能力が結構低いです。 ) 黒昇格と金降格の新情報については以下の記事で随時更新していますのでこちらを確認してください!. パスの出しどころに困ったときは自身のドリブルでボールを運ぶことも容易に可能です。

5
でも微妙。 少しずつウイイレアプリ2021の情報が入ってきましたね。

【ウイイレ2021 FP CS】今週のガチャ最新リーク情報!

2021fp ウイイレ 2021fp ウイイレ 2021fp ウイイレ

この選手は、ガチスカでの起用も十分に考えられる強力な 「チャンスメイカー」の選手です。 (ウイングバックあり) 代表的な選手 カフー、マルディーニ、アラバ、TAアーノルド、ロバートソン、アルバ等… インナーラップサイドバック プレースタイル評価: 攻撃的サイドバックと同様、最終ラインから最前線まで駆け上がり、カウンターのリスクが高くなるプレースタイルです。

10
ツアーやイベントをこなして、トレーナーを大量に確保しておくのをおススメします。 ボールコントロール91、ドリブル91、ボールキープ92、ボディコントロール91とドリブルに関する能力値はすべて90を超えてきます! 「ルーレット」といったフェイント系スキルもあるので、自身のドリブルで仕掛けていくこともできる選手です。