四面楚歌 時 利 あら ず 現代 語 訳。 四面楚歌 現代語訳・書き下し文・読み方

四面楚歌 現代語訳・書き下し文・読み方

あら 語 訳 利 時 四面楚歌 現代 ず あら 語 訳 利 時 四面楚歌 現代 ず あら 語 訳 利 時 四面楚歌 現代 ず

左 さ 右 いう 皆泣き、 能 よ く 仰 あふ ぎ 視 み るもの 莫 な し。 「能」は可能の意の副詞である。 直属の部下の兵士で、馬に乗って(項王に)従う者は八百人余りであった。

2
項王の軍垓下に壁す。

四面楚歌/項王の最期(現代語訳・解説あり) 項羽本紀第七 史記 漢文

あら 語 訳 利 時 四面楚歌 現代 ず あら 語 訳 利 時 四面楚歌 現代 ず あら 語 訳 利 時 四面楚歌 現代 ず

項王は目から涙を幾筋となく落とした。

8
「兮」は音調を整え声を伸ばす時に用いられる助字で、主に南方で用いられた。 ・帝の発言の意図を踏まえて 考えさせる。

四面楚歌/項王の最期(現代語訳・解説あり) 項羽本紀第七 史記 漢文

あら 語 訳 利 時 四面楚歌 現代 ず あら 語 訳 利 時 四面楚歌 現代 ず あら 語 訳 利 時 四面楚歌 現代 ず

項王は幾筋もの涙を流した。 「和」は"応じる・こたえる"。

16
騅という名の駿馬があった。

四面楚歌の漢文についてです。

あら 語 訳 利 時 四面楚歌 現代 ず あら 語 訳 利 時 四面楚歌 現代 ず あら 語 訳 利 時 四面楚歌 現代 ず

漢軍と諸侯の兵が項羽の軍を幾重にも取り囲んでいる。

16
そこでハマグリは口を閉じてシギのくちばしを挟んだ。 三浦 佑之作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。

四面楚歌 現代語訳・詳しい解説・書き下し文2

あら 語 訳 利 時 四面楚歌 現代 ず あら 語 訳 利 時 四面楚歌 現代 ず あら 語 訳 利 時 四面楚歌 現代 ず

「漢はことごとくすでに楚を得てしまったのか。 2 君に勧む、すべからく少年の時を惜しむべし。

ラベル・印、名前・ライン・メモ等の書き込みがある場合があります。 有美人名虞、常幸従。

四面楚歌 時 利 あら ず 現代 語 訳

あら 語 訳 利 時 四面楚歌 現代 ず あら 語 訳 利 時 四面楚歌 現代 ず あら 語 訳 利 時 四面楚歌 現代 ず

司馬遷の『史記』 項羽 こうう 本紀 ほんぎにこの歌が詠われた場面がこう描かれています。

2
項羽はこれを聞いて驚き「楚の人間はみな敵に寝返ってしまったのか」と嘆きました。 ご参考になりましたら幸いです。

四面楚歌 現代語訳・詳しい解説・書き下し文2

あら 語 訳 利 時 四面楚歌 現代 ず あら 語 訳 利 時 四面楚歌 現代 ず あら 語 訳 利 時 四面楚歌 現代 ず

かうわうのぐんがいかにへきす。 漢軍及諸侯兵、囲之数重。

17
平明、漢軍乃 チ覚 レ リ之 ヲ、 令 し 下 ム 騎将灌嬰 ヲシテ以 二 ヰテ五千騎 一 ヲ追 上レ ハ之 ヲ。